神楽坂パルスギャラリーの公式サイトです。パルスギャラリーは都心の中でも静かな雰囲気でゆっくりと鑑賞していただける画廊です。
飯田橋駅より徒歩6分の近さで、公園、大学、資料館に囲まれた落ち着いた環境で、花街の風情を残す裏路地と活気に満ちた表通りが共存する神楽坂の中のアートスポットです。鑑賞後にコーヒーでくつろげるギャラリーカフェも併設されています。


インフォメーション展覧会のお知らせ
     OPEN 11AM 〜 7PM
     定休日 火曜日(最終日は特に記載されてない場合は5PM迄)

第9回神楽坂の「ねこ展」 
2017.6.21〜7.3
(6.27 は休廊)
ギャラリー企画の猫をテーマにしたオープングループ展です。
絵画、立体造形、金属、陶器、布、ガラスなどあらゆるジャンルで表現します。
新しい参加者も募集します。

「アンティーク・ジュエリー展」 
2017.7.26〜31
41年の実績を持つアンティークジュエリーのパイオニア片桐氏が選ぶ最高ランクの宝石細工、貴重な小物類の展示と販売。

第19回「神楽坂の街並スケッチ展」
2017.9.1〜11
神楽坂の街並みを自由に描く恒例の企画展です。新しい参加者も募集します。
左の「ギャラリー企画展 参加者募集」の中の「神楽坂の街並みスケッチ展」をクリックしますと募集要項が出ます。

「第4回 双六会作品展」
2017.9.13〜18
興銀同期会による油画と水彩画の風景画を中心としたグループ展です。

「龍神画家広乃個展」〜龍を魅せる〜
2017.9.20〜25
龍神画家広乃の龍の世界。自然と人を見守る龍のエネルギーを感じてください。

「書霊展」〜甲骨文字の世界〜 
2017.9.28〜10.2
言葉には言霊があり、書には見えない力「書霊」が宿っています。
張大順入室弟子甲骨文亀鑑塾師範 高木露鳳と一門による書展。

「松原淳子器展」〜こよひ逢ふ花 みなうつくしき〜
2017.10.4〜9
人も花も時に違う見え方をするのは実に素敵なこと。
こんなささやかな期待からの花と向き合いながらの制作でした。

「榎本合歓・恭子作陶展」
2017.10.11〜16
伝統的な焼しめからモダンな食器まで幅広い層に人気の陶芸展

「リンク・ビジューWinter collection 2017」
(杉谷倫子アクセサリー展示会)
2017.10.25〜30
天然石と自然素材を使ったオリジナルアクセサリー

「トンボ玉グループ展」(ガラス工芸)
2017.11.3〜5
宙吹きガラスによるトンボ玉、アクセサリー等。

「青山画塾金曜会展」
2017.11.8〜13
4回目のNHK油画教室のグループ展。主にモチーフは人物、風景、静物です。

第14回「四季の会写真展」(写真グループ)
2017.11.15〜20
いつもアートのショットを狙っている写真好きの仲間たちの展覧会です。

「コロレ展」2017 (工芸グループ)
2017.11.29〜12.4
さまざまな素材の作家達が奏でるハーモニー

「Blue Moon Exhibition 21th」
(ギャラリー企画展)
2017.12.9〜25
毎年恒例の一つのテーマに沿って様々なジャンルで表現するグループ展です。


(以下は終了した展覧会です。最近順列)


「アミフランセ書道展 第3回」
2017.6.1〜5
書道を学ぶ東京在住のフランス人の書道展

「米山京子・米山マリ作品展」
2017.5.24〜29
(最終日は4PM迄)
人形作り40年の母京子とその人形を受け継ぎながら刺繍作家でも活躍する娘マリの親子展

「アフリカの熱い風」渡辺直行展
2017.5.17〜22
アフリカの国々で見た動物を鮮やかな表現で描きます。

「印彩都写真展2017」
2017.5.3〜7
毎年恒例の全国にフアンを持つ写真グループの展覧会。写真のポストカードも即売。

「美人有名芸能人肖像絵画展」渡辺光司画
2017.4.12〜17
肖像画で永いキャリアをもつ渡辺光司氏が楽しい美人芸能人画を集めた展示です。

「谷祥一作品展」ー花とガラスを見い出すー
2017.4.5〜10
ギャラリー前の公園の三種類の桜を見ながら吹きガラスアートをご高覧ください。

「ファンタジックな動物たちの世界展」松井雄功
2017.3.29〜4.3
夢の国の可愛い動物たちの原画(小学館の文芸書に掲載)を展示いたします。

響展in 神楽坂
2017.1.11〜16
砂張おりんの癒される響きを会場で鳴らしてお聴きください。


神楽坂パルスギャラリーのホームページは現在制作中ですのでお問い合せはお手数ですが下記の方へお願い致します。
TEL 03-3260-1349  E-mail pulse@blue.ocn.ne.jp